「ADL」?「QOL」?実は介護にまつわる大事な概念です

ADLってどんな意味?

ADLは「日常生活動作」という意味で、英語だとActivitiesofDailyLivingと表されます。日常生活動作というと、どんなものを連想しますか?ものを食べたり、お風呂に入ったり、トイレに行ったり。ほかには服を着替えたり、ベッドから起き上がったりするのも、日常的な暮らしの動作として挙げられますよね。お年寄りの介護にあたっては、まずその方が誰の手も借りずにどれだけのことをやれるのか見極める必要があります。その指針となるのがADLという観点なのですね。

QOLはちょっとつかみにくい

QOLとは「生活の質」という意味で、英語だとQualityofLifeと表されます。ADLにくらべると、ちょっと理解するのが難しい概念かもしれません。というのも、定義自体に分かりにくいところはないのですが、「具体的にQOLを高めるのは何か?」と考えたとき、その答えは人それぞれ異なるからです。思い切って、馴染みのある日本語である「生きがい」という言葉に置き換えてしまうのもアリかもしれません。生きがいは人それぞれ……こう捉えれば、QOLという概念がちょっと漠然としているのもうなずけますよね。

介護だと主にリハビリの現場で役立つADLとQOL

若い人でも病気やケガから回復する際のリハビリテーションはしんどいもの。お年寄りだって「できればやりたくないなあ、ラクをしたいなあ」という気持ちは心のどこかにあります。そのときQOLをまず考えることで、リハビリテーションへの動機付けが強化されます。たとえば、よく晴れた日に散歩を楽しみたい、あるいは気兼ねなくお風呂を楽しみたい……そういった小さな生きがいを実現するために、じゃあどんな生活動作(ADL)ができるようになればいいのか。こう考えることで、目標への道筋がスッキリと見えるようになり、リハビリへの動機が高まるわけですね。

少子高齢化が進んでいることから、介護の求人の需要はますます高まっていくので、将来性が高く非常に大事な役割を担う職種といえます。

転職を成功させる為に必要な条件を考えてみる

失敗しない転職の為に

最近は転職に対して、社会は寛容になってきました。昔に比べて、早期で退職する人間が若年層を中心に増えているので、企業は中途でも有能な即戦力を欲する傾向にあります。この為、ある一定年齢でもマネジメント能力に長けた人間を中心に採用をしたいと考えている会社が非常に多いのが特徴です。今後もこの傾向は続くものと考えられています。人材の流動化は各方面で広がっていますし、その為、年齢制限も緩和される傾向が顕著に現れています。

転職の際に気をつけたい事とは

転職の際に注意したいのは自分がどのような人間で何ができるのか、強みや弱みを明確にする事です。近年はビジネスの領域が、高度化していますので、自分の得意分野を徹底的に鍛える方が得策です。自分の強みをしっかりアピールして、その会社にとって有用な人材である事をアピールする事が肝心です。またその会社の企業風土や仕事の進め方なども事前に確認できれば、入社後の大きなギャップに悩む事なく、仕事に打ち込む事が可能になります。

転職後に気をつけたい事

転職後暫くは、新しい環境になれるのに大変な思いをするかも知れません。既に新卒とは違う訳ですから、何から何まで教えてもらえる訳ではありません。少しでも早く環境に慣れて戦力となる事を会社は期待しています。その点を十分に考慮して、組織の為に自分が何ができるかを積極的にアピールしていくべきです。受け入れる仲間とも早期にしっかりとしたコミュニケーションを測り、良好な人間関係の中で毎日を気分よく過ごしたいものです。

ベンチャーの転職を考えている方は、名前と雰囲気にとらわれないことが大切です。必ず、事業内容と将来性をふまえることが大切です。

システムエンジニアって何をするの!?システムエンジニアの秘密に迫る。

システムエンジニアとは

システムエンジニアとはシステム全般の設計を手掛ける職種の事をシステムエンジニアと呼びます。例えばシステムの設計や開発及びシステムのテストなどがシステムエンジニアの主な仕事内容となっています。同種の職種としてプログラマがありますが、プロジェクトや開発チームによって役割が異なっていて、システムエンジニアは初期段階のシステム開発や設計を担当する事が多いですね。この流れは一般的に上流行程と呼ばれています。

どんなシステムにするのかを決める。

まずシステムエンジニアの仕事はクライアントとの打ち合わせから入る事が一般的には多いですね。具体的にはシステムをどういった内容にするのかやプログラムにどんな機能を搭載するのかなどの打ち合わせをまずクライアントと行います。次にクライアントとの打ち合わ内容をまとめまた後に、プログラムやシステムをどういった構成にするのかを決めます。構成が決まったら、プログラミングをする為に、細かくシステムの設計をしていきます。

プログラミングからシステム稼働まで

システムの細かい設計が終わったら実際にプログラムを作成する作業に入ります。プログラム作りと聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、システムの設計がちゃんと出来ていれば難しい作業ではないんですよね。プログラム作りが終わりましたら作成したプログラムが正常に動作するかどうかチェックしていきます。プログラムのテストが終わりましたらシステムの稼働に入るといった流れになります。システムエンジニアが担当する作業は一般的にはここまでですね。

施工管理技士は求人数が多い職種として知られています。建設業界で活躍したいなら、資格を取得することをおすすめします。