システムエンジニアって何をするの!?システムエンジニアの秘密に迫る。

システムエンジニアとは

システムエンジニアとはシステム全般の設計を手掛ける職種の事をシステムエンジニアと呼びます。例えばシステムの設計や開発及びシステムのテストなどがシステムエンジニアの主な仕事内容となっています。同種の職種としてプログラマがありますが、プロジェクトや開発チームによって役割が異なっていて、システムエンジニアは初期段階のシステム開発や設計を担当する事が多いですね。この流れは一般的に上流行程と呼ばれています。

どんなシステムにするのかを決める。

まずシステムエンジニアの仕事はクライアントとの打ち合わせから入る事が一般的には多いですね。具体的にはシステムをどういった内容にするのかやプログラムにどんな機能を搭載するのかなどの打ち合わせをまずクライアントと行います。次にクライアントとの打ち合わ内容をまとめまた後に、プログラムやシステムをどういった構成にするのかを決めます。構成が決まったら、プログラミングをする為に、細かくシステムの設計をしていきます。

プログラミングからシステム稼働まで

システムの細かい設計が終わったら実際にプログラムを作成する作業に入ります。プログラム作りと聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、システムの設計がちゃんと出来ていれば難しい作業ではないんですよね。プログラム作りが終わりましたら作成したプログラムが正常に動作するかどうかチェックしていきます。プログラムのテストが終わりましたらシステムの稼働に入るといった流れになります。システムエンジニアが担当する作業は一般的にはここまでですね。

施工管理技士は求人数が多い職種として知られています。建設業界で活躍したいなら、資格を取得することをおすすめします。