女性の職場で生き伸びろ!!男性保育士の人間関係の築き方

相手に不快感を与えない身だしなみを!

まず、保育士という女性の職場で男性が上手くやっていくためには、女性の集団の中に入れてもらっているという意識を持つことが大切です。例えば、電車の女性専用の車両に自分だけ入れてもらうとしたらどうですか?世の中の男性からしたら一見喜ばしい事のようですが、リアルに想像力を働かせると、とても居心地が悪いのではないでしょうか?入れていただいてる立場ですので相手に不快感を与えてはいけません。自分の身だしなみ、特に匂いに気をつけましょう。女性は匂いにとても敏感ですから、汗の匂いは制汗剤を使うなどして抑えましょう。また、香りのいい柔軟剤を使うこともとてもお勧めです。

自分にしかできない仕事を見つけよう!

保育現場で働く女性の中には、男性はいらないのでは?と感じている人も少なくありません。ですから、自分がこの職場に必要だということをアピールできるような仕事を探しましょう。こう言うと少し難しいようですが、落ち着いて探せば男性の方が有利な仕事はたくさんあるはずです。力仕事はもちろん、保育士の女性の中にはパソコンの苦手な方も多いのでパソコン関係の仕事も進んで引き受けましょう。他にも高い所での作業、汚い場所の掃除など他の人がやりたがらない仕事こそ進んで手を挙げていけば、自然と頼られる存在になっていく事でしょう。

相手の話をしっかり聞こう!

女性は話をよく聞いてくれる人を自然と受け入れていくようになっていきます。何気ない会話、例えばお休みにどこかに行った話などを話してくれた時にしっかりと相槌を打ちながら聞きましょう。「ディズニーランドに行って楽しかった」という話なら「ディズニーランドに行って楽しかったんですね、何に乗ったのですか?」と話を広げて聞いていきましょう。自分にとって興味のない話題、わからない話題でも質問していくことで話がふくらみ、“話をしっかり聞いてくれている”という印象を与えることができます。聞き上手になることは女性の職場でやっていくための重要なポイントですよ。

保育園での求人というのは、求人サイトに掲載されるのが一般的ですが、保育園によってはホームページにおいて求人を掲載して独自に募集を行っている場合もあります。