定年退職後の現役続行のための転職と高年齢再就職給付金

一生現役を目指して働きたいので定年後に転職する

転職と一言でいってもいろいろなパターンがあります。一つは、会社が倒産等して否応なく次の就職先を探す転職のパターン、もう一つは自ら違う職場を目指して退職し転職するパターン、さらに定年退職後に現役続行し働き続けるために再就職先を探す転職のパターンです。特に、定年が60歳という会社の場合は60歳になっても元気でまだまだ働けるという人も多いため、60歳から65歳の間の転職というのも珍しいことではなくなっているでしょう。

60歳以降の転職時と高年齢再就職給付金

雇用保険は65歳まで現役で働くことを応援する公的社会保険ですので、定年後に転職活動をする人も応援をしてくれます。具体的には、60歳から65歳の間に雇用保険の基本手当をもらいながら転職活動して、その結果転職できた場合には、雇用保険から一定の計算に基づいた金額の支給を受けることができることになっています。これを高年齢再就職給付金と呼んでいます。基本手当をもらいきらないでどれだけ多く残したかによって、給付金の支給期間が1年か2年かという違いが生まれるでしょう。

高年齢再就職給付金の受給要件

この高年齢再就職給付金をもらうための要件はいくつかありますが、最も大切な点は、再就職を果たした先の新しい給料が、60歳時点の給料に比較して75%未満になっていることです。再就職を果たしたが給料が安くなったのでやっぱり働くのをやめるということのないように、下がった給料の最大15%を雇用保険から高年齢再就職給付金という名目で支給しますから是非働き続けてください、というのがこの給付金が設けられている主旨といえるでしょう。

サポートが充実している営業の転職サイトでは、様々な不安を解消しながら転職を進めることができる点が魅力です。