工場で検品のバイトをする前に知っておきたいこと3選

工場でのバイトはかなり責任重大

バイトの中で、工場で働いている人たちも多くいます。工場のバイトというと、どういうイメージでしょうか?何か楽そうみたいなイメージがあるかもしれません。ただ、工場のバイトといっても、いろいろな仕事があります。代表的なのは検品と呼ばれている仕事で、これは市場に出回る前の製品をチェックして、問題がないか?を見つける仕事です。ここでチェックを怠ると、問題の製品が市場に流通してしまって、消費者が思わぬ迷惑を被る可能性があります。それを防ぐのが検品の仕事ですから、責任は重大になりますね。

集中力が持続しないといけない仕事

この検品の仕事は、工場のバイトの中でもやはり集中力が特に必要です。最初は良いとしても、それが時間の経過と共に散漫になっていくのが人間なんですが、そこを耐えて一定の集中力を持続させていかないと、問題のある製品を見過ごしてしまう可能性があります。検品の仕事は単純作業がただ続いていくだけなので、飽きやすいとともに、集中力が途切れやすいのです。そこをこらえて、集中して仕事をこなせる人じゃないといけないのでしょう。

工場のバイトでも肉体労働の仕事はある

工場の検品のバイトはそういう単純作業だけやっていれば良いと思われるかもしれませんが、それだけではありません。確かに検品自体は軽作業で、肉体労働という類の仕事ではありませんが、一部肉体労働もあります。検品が完了した製品をまとめて箱に入れたり、それを運んだりすることもあります。だから、工場でのバイトは全般的に、1日が終わったら相当疲れを感じる方も多く、ただ単純作業の連続でつまらないというだけではないのです。集中力も必要ですが、一定程度の体力も必要になってくる仕事と言えますね。

住み込みの求人は、主にホテルや旅館などの宿泊施設に多く、従業員用の寮が完備されていることが多いです。